妄想劇場 旅立ちの日の帰り道。

愛知県海部郡での任務を完遂してその帰り道、仕事場の駐車場に行くと雨の中、傘をさして梨華ちゃんが待っていた。
( ^▽^):Ranくん、迎えに来たよ。
私:ありがとう梨華ちゃん。
リo´ゥ`リ・||c| ・e・)|・从 ´ ヮ`):私達も来ちゃいました。
私:ありがとう、小春ちゃん・ガキさん・れいにゃ。
5人は車に乗り込んだ。
( ^▽^):Ranくん、お仕事お疲れ様でした。
リo´ゥ`リ・||c| ・e・)|・从 ´ ヮ`):お疲れ様でした、管理人さん。
私:ありがとう。
リo´ゥ`リ:管理人さん、凄くホッとした表情ですね。
私:自分の為す術を全て注ぎ込んできたからね。
从 ´ ヮ`):管理人さんの頑張りにおつかれいなっちゃよ。
||c| ・e・)|:管理人さんの情熱は凄いですよね。
私:実は心が折れそうな時期があったんだよ。でも、梨華ちゃん達の笑顔で乗り越えられたよ。
( ^▽^):そんな直向きなRanくん、あたしは大好きだよ。
リo´ゥ`リ:小春もです。
( ^▽^):小春、Ranくんはあたしのだからね。
从 ´ ヮ`):れいなもそれ言いたかったっちゃよ。
||c| ・e・)|:実はあたしも・・・。
私:嬉しいことを言ってくれるねぇ。
車は名古屋市内へ・・・。
( ^▽^):Ranくん。
私:何だい、梨華ちゃん?
( ^▽^):Ranくんの任務完遂のお祝いに夕ご飯おごってあげる。
私:嬉しいねぇ。そうしよう。
5人は名古屋市内のレストランで夕食を食べた。
私:梨華ちゃん、ご馳走様。
( ^▽^):どういたしまして。
私:凄く嬉しかったよ。
( ^▽^):ホント?あたし、超嬉しい。
車は家に着いた。
私:梨華ちゃんが傍にいてくれることが何より幸せだなぁ。
( ^▽^):Ranくん、大好きよ。チュッ(^з^)-☆Chu!!
梨華ちゃんは私の頬にキスをした。
私:幸せだなぁ。
リo´ゥ`リ・||c| ・e・)|・从 ´ ヮ`):管理人さんと石川さんはずっとラブラブだよね。
私と梨華ちゃんの恋物語は3度目の夏も熱く続く。
 

NovelsのTopに戻る

 

inserted by FC2 system